急性期精神科求人情報!看護師が転職で失敗しないコツ

急性期精神科で働く看護師が注意すべきポイント

急性期精神科に急に配属されることがあります。看護師は患者の特徴を的確に捉え、対処する必要があります。精神科には慢性期の患者もいれば急性期の患者もいます。その急性期の患者によっては看護師に対して暴力的になったりもします。そんなときにも看護師は適切に対応する必要があります。患者によっては中毒患者もいます。中毒患者の場合は離脱症状としてイライラしたり不安になったりなどから八つ当たりのような攻撃的な部分が見られます。妄想などで悩む患者もいます。妄想がひどくなると、モノがなくなったりしたときに、看護師が疑われたりというケースも少なくありません。そんな場合でも、たかが妄想などと思わず適切に処置する必要があります。せん妄・不穏の患者は点滴類の自己抜去や看護師に暴力をふるったりと、攻撃的な状態であるため、個室管理や、場合によっては鎮静剤の投与がなされたりします。この場合、患者側ももちろん看護師側も双方の安全を確保する必要があります。そういったように精神患者は症状や状況により常に不安定な状態にありますので、軽率な発言、行動は控え、しっかり、そのときの状況を把握するということが最も重要視されます。